>

注意するべき人がいる

この記事をシェアする

仕事の関係でドライアイになる

ドライアイになる人は、仕事でパソコンをたくさん使っている傾向が見られます。
パソコンの画面が、目に悪影響を与えてしまいます。
仕事の関係では、パソコンを全く使わない生活にするのは不可能だと思います。
眼科に行って治療することで、ドライアイの症状を緩和させることができます。
症状が出ても放置していると、次第に悪化します。

また、スマートフォンの光も目に悪影響を与えます。
特に、暗い室内でパソコンやスマートフォンを操作するとドライアイが進行します。
そのような電子機器を操作する際は、室内の電気をしっかり点けてください。
明るい室内で電子機器を利用するだけでも、ドライアイの緩和に繋がります。
日頃からドライアイの対策をしましょう。

視力が低下している人

視力を矯正するために、コンタクトレンズを使っている人がいると思います。
メガネを使って矯正している人に比べて、コンタクトレンズを使っている人は目が乾燥しやすいです。
すなわち、ドライアイになる可能性が高いことを覚えておきましょう。
目薬を使うことで、多少はドライアイが緩和されます。
コンタクトレンズ専用の目薬を選択してください。

裸眼用の目薬では、正しい効果を発揮できません。
普段よりも、コンタクトレンズを着用する時間を短くすることをおすすめします。
本当に使用する時だけコンタクトレンズを着用して、それ以外の時間は外してください。
こまめに、付けたり外したりを繰り返しましょう。
すると、目が乾燥することを防げます。